ニキビの種類(デフォルトプラグイン)

思春期以降のほとんどのかたは、今までに一度はニキビができたことがあると思います。
中高年と言われる年齢になってもなお、ニキビがひとつ、ふたつと出来てしまって、苦しむかたもいらっしゃることでしょう。
通常は、「ニキビ」とひとくくりにしていますが、ニキビにはいくつかの種類があります。
あなたが耐えるニキビは、いかなる種類のニキビでしょう。
ニキビの種類によって、治療も異なってきますから、種類を知るのは肝だ。
本日はその種類をご紹介してみたいと思います。
最も初期の段階のニキビは、まだまだニキビと叫ぶのも手っ取り早いくらいのニキビですが、お肌の上で、もしくは中で、通常とは違うなにかが起こるためニキビになるわけですから、その最初の初期を、「初期ニキビ」と言います。
通常とは違うさまざまは、毛穴が角栓で塞がれてしまい、毛穴内部に皮脂が滞りつつあるという状態だ。
しかし、いまだにこの段階は、毛穴内部で進行中のことですので、皮膚表面からは見ることが出来ません。
よって、まったく治療をすることもできませんので、お肌を清潔に保つことくらいでしょうか。
次の段階のニキビは、皮膚の表面からもニキビとわかる初期段階の「白ニキビ」だ。
白ニキビは、初期ニキビが進行した状態で、毛穴内部に皮脂が多く溜まりつつある状態を言います。
溜まってゆくので、皮膚表面が多少凸状態になってくるため、目で見てニキビができつつあることがわかります。
一般的に、この状態のことを「コメド」と言います。
次の段階は「黒ニキビ」だ。
毛穴の内部にたまった皮脂が、毛穴から表面に出てきてしまい、その部分が酸化し黒くなった状態を言います。
こういう黒ニキビまでは、まだ膿も溜まっていませんしニキビの初期と言える状態ですので、いよいよ黒ニキビまでに治療するように心がけましょう。
そうすることによって、顔にニキビ痕が残ってしまうのを予防できます。
これ以上に悪化して膿がたまってしまいますと、ニキビ痕になりやすいので、極力気をつけましょう。
とはいえ、あっという間に進行してしまうのがニキビでもありますからね。
たくさんニキビがあるかたは、ひとつひとつチェックするのも大変だと思いますので、数が多いかたはそれだけでも早めに皮膚科へ行きましょう。cuillinsoundmusic.co.uk