超有名な絵画にはどのようなものが生じる?(1)

誰もが知っている世界的な絵画、あなたはどれくらい知るでしょうか。一般の常識として知るべき絵画もありますよね。どのような絵を言えるでしょうか、ひと度超有名な5点を挙げてみましょう。

●一番に言えるのは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」でしょう。絵に皆目興味のない方でも、こういう絵は知っていることと思います。雑誌や本、テレビ等で奪いられることもありますし、パロディ化変わることも多い「モナリザ」だ。描かれたのは1503年から1506層で、ルネサンス絵画の代表作として知られています。モデルはフィレンツェの織物商人の妻ですリーザ・ゲラルディーニであろうと言われていますが、こういうモデルが誰ですかに関しても何かと逸話があって、話題には事欠かない絵画ですね。フランスのルーブル美術館に常設されており、たえず見極める人でごった返してある。

●同じくレオナルド・ダ・ヴィンチ作の「最後の晩餐」も超有名です。1495年から98層のルネサンス時代の作品だ。イタリアのミラノの教会の壁に描かれた壁画で、イエス・キリストの最後の晩餐の模様を描いてある。予約制ですが、現在もその教会に描かれたその壁画そのものを見ることが出来ます。

●ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」も有名な絵ですから、ほぼどこかで写真などを見たことがあるでしょう。これは1485層のルネサンス時代の作品だ。油彩ではなくテンペラ画で、テンペラ画独特のうれしい鮮やかな色彩が良い絵画だ。ヴィーナスが、貝の上にのっていて、海の泡から誕生したばかりという絵になっています。誠に大きな絵で、172センチ×278センチですから、かなりの大作だ。イタリアのウフィッツィ美術館が収蔵しています。

●ミレーの「落穂拾い」も有名な絵画だ。1857年の作品で、ミレーの代表作だ。貧しい農民が刈り入れの終わった畑に落ちた麦の穂を、自分たちの食事のために拾い集めている情景が描かれてある。旧約聖書のルツ記をテーマに描かれたものです。フランスのオルセー美術館に収蔵されています。

●クロード・モネの「睡蓮」(1916年)も1度は見たことがあるでしょう。モネは睡蓮を題材に200点以上の睡蓮の絵を描いてある。千差万別自分の好きな「睡蓮」の絵があるかもしれません。多くの「睡蓮」がありますので、世界各国の美術館に作品が収蔵されています。モネは印象派を代表する画家だ。http://www.ackerbilk.co.uk/

浮世絵に影響を受けたヨーロッパの画家たち

ヨーロッパの印象派の画家たちに、浮世絵がかなりの影響を与えているは、よく知られていますね。モネ、マネ、ゴッホ、ルノアールなど、有名な画家たちが、浮世絵に影響を受けた絵を描いていますが、当時浮世絵に影響を受けなかった画家の方が少なかったとも言われています。

浮世絵がヨーロッパに広まったのは、どうでしょうか。それは、江戸時代に陶器などをヨーロッパに輸出する際、陶器等が割れないように、和紙でくるんだり、陶器の回りをくしゃくしゃと丸めた和紙で囲みました。今でも、瀬戸物等を段ボールで持ち運ぶ時、古新聞にくるんだり、丸めた古新聞で瀬戸物を保護しますよね。江戸時代に古新聞はないですから、その代わりになったのが、浮世絵が描かれた和紙だったのです。浮世絵は、今でこそ価値がありますが、当時は1枚300円くらいでした。ですから、大事に手元に置いておくと言うよりは、そのように廃物利用されていたのです。でも、古新聞と比べて、ふと勿体ないという気がしますが・・。

そのようにしてヨーロッパに輸出された箱の中に、人々はくしゃくしゃに丸められた和紙にきれいな絵が書いてあるのを見て、感嘆のです。それも今まで見たことのない絵で、ヨーロッパのそれまでの絵は、断じて違うものでした。それを当時の画家たちも見て、衝撃を受けたのです。当時の画家たちは、自分たちの芸術に行き詰まりを感じているところでした。それが、浮世絵に接して、かなりのインパクトを受け、影響されて行ったのです。

浮世絵の書き方は、遠近法などは用いていませんし、出来るだけリアルに描くというこもしていません。葛飾北斎の神奈川沖浪裏などは、見えるはずの無い富士が遠くに思え、画面半分は壮大な波で占められています。ですが、それにより、海のうねりの凄さが正に迫ってしまう。それまでの西洋絵画は、写実的絵が殆どでした。また、構図のとり方にも浮世絵という根性は一向にありませんでした。当時の画家たちが浮世絵を見て、度肝を抜かれるとともに、新鮮味を感じたはずです。

マネやドガの中心をずらした構図は、明らかに浮世絵によっているようです。また、ゴッホも浮世絵から明るい色あいの影響にあたっていますし、それだけでなく、絵の背景に浮世絵を描いたりしています。ゴッホの有名な「タンギー爺さん」などは、お爺さんの後ろの背景はすべて浮世絵で埋め尽くされているほどだ。こちら